ブログ

お風呂の水垢の成分と除去の仕方

水垢汚れ

私たちが普段お掃除をしているお風呂場には様々な汚れがあり、代表的な汚れの一つとして水垢があります。水垢はその成分によって汚れの落とし方が変わってきます。今回はお風呂の水垢についてお話できればと思います。

一般的に水道水や地下水などの水にはいろんな成分が含まれています。水が蒸発してその成分が固着、堆積することで水垢となってしまいます。お風呂場の水垢汚れには大きく分けますと3種類ほどの成分があります。そしてその複合した汚れを取り除く手順は以下のようになります。

①水垢を除去する前にアルカリ性洗剤を使用しましょう。

水垢を落とす前にまずは皮脂汚れやぬめりを取り除いていかなければなりません。これは基本的にアルカリ性の洗剤を使用することで取り除くことが出来ます。市販の洗剤などではジョンソンのバスタブクレンジングなどが弱アルカリ性洗剤となります。洗剤を購入される前には用途に合わせて液性を調べてから購入されることをお勧めいたします。

②石鹸カスなどの汚れは酸性洗剤で落としていきます。

アルカリ性洗剤で皮脂汚れやぬめりを取り除いた後に落としきれなかった石鹸カスなどの汚れには酸性洗剤を使用します。こちらもジョンソンより酸性の洗剤が販売されています。ホームセンターやスーパーなどでも購入できると思います。

③酸性洗剤を使用する際には塩素系の洗剤を絶対に使用しないこと。

皆さんもご存じであると思いますが、酸性洗剤は塩素系の洗剤と混ざると有毒な塩素ガスが発生して大変危険です。使用の際には十分にお気をつけ下さい。

ここまでの洗浄でキレイになると良いのですが、それでも落ちない汚れについては下記の手順でお掃除をしていきます。

④水垢の成分その1「炭酸カルシウム・酸化鉄」

炭酸カルシウムと酸化鉄については塩酸系の洗剤で分解することが出来ます。市販の洗剤には「サンポール」(塩酸・酸性)があります。これらの成分はサンポール程ではありませんが、クエン酸にも反応するようです。それでも落ちない成分は次のものとなる可能性があります。

⑤水垢成分その2「ケイ酸・シリカ」

ケイ酸などのシリカスケールにはフッ化系の酸を使用します。市販されているものは少ないと思いますが、ネットでも購入できる「ゴーストキラー」(フッ化系の酸・酸性)というもので取り除くことが出来ます。濡れていると目立たないですが、乾いてくると白く浮かび上がってくるものに効果的です。

以上の手順を順番に行うことで水垢汚れは大体取り除くことができると思います。いきなりゴーストキラーを使ってもその他の成分が邪魔をして反応しないため、必ず正しい順番で作業を進めていくことが大切になります。

洗浄方法については傷防止のために基本的に柔らかめのスポンジなどで洗剤を対象部分に塗布しながら擦り洗いをして頂き、最後に水で洗い流して下さい。

洗浄後乾いたときに汚れが少し残るようでしたら作業を繰り返します。

⑥作業の際にご注意頂く点

・安全のため、手袋と保護メガネを着用されることをお勧め致します。

・酸性洗剤は塩素系の洗剤と混合されないようにご注意下さい。有害な塩素ガスが発生し大変危険です。

・洗剤を使用される時には、目立たない部分に少量塗布して頂き、素材を傷めないか材質テストを実施して下さい。

・強い酸性の洗剤はステンレスやアルミなどの金属部、鏡などを腐食する可能性がありますので要注意です。

・万が一付着してしまった際にはすぐに水で洗い流すか、しっかり拭きとって下さい。

以上、水垢汚れについてをまとめさせて頂きました。皆様のお役に立てれば幸いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る